夫ストレスの応急処置


こんにちは。リオナです。


今日は、
イライラしたり
ムカムカしたり
グルグルした時に使える

応急処置方法を
今日はお伝えしたいと思います。


朝起きた瞬間から夜寝る時まで
頑張って心も体も
疲れ果ててしまう時ありますよね。

そんな時に役立つ方法なので
よかったらぜひ試してみてくださいね。

やってられない!

「もうやってられない!!」

「なんで私ばかり?!」

「自分勝手な行動、いい加減にして!!」

と頭に来ること、たくさんあります。


でもどんなに怒ったところで
夫は理解しないし、

そればかりか外の人からは
「怒りっぽい」「イライラした人」と

見られてしまうます。

どうして
こちらばかり損しなきゃいけないの!?

と嘆きたくもなります。

家事育児の重労働をして
自分のことは我慢して犠牲にして
いるのに

誰も妻を労わらないどころか
怒りん坊の扱い。

やってられないですよね。

実は自分に対してやっていること

7年、夫デスノートを書く日々を送って
苦しみから逃れたくて

脳科学、心理学、スピリチュアル、
とにかくいろんなことを学びました。

その中で見えてきたことがあります。

それは、


自分が自分を大切にしてなかった。

自分が自分を認めてなかった。

と言うこと。



そして、

自分自身に対してやっていることを

周りが私にやっているだけだった

と言うことです。

たとえば家事。

どんなに頑張って家事しても
足りない点が目につきませんか。

もっと効率よく
もっと上手にできないと

周囲の人が感心するレベルに
やらないと自分にOKが出せなくて

いつもがんばりすぎていませんか。

自分の足りないところを
いつも自身に厳しく指摘していませんか。


自分に厳しい人は
人にも厳しいし、

さらに、
人から厳しくされてしまうんです。


私はその事実に気づいた時

がーーーん!と

かなりのショックでした。


じゃあ、自分に優しくすればいい。

なのですが、
実はこれが難しい。

と言うかコツが要るんです。
自分に優しくしたことがないので

どう言うことが「自分に優しく」なのか
分からないんです。

自分に優しくするのは
車の運転や水泳に似ています。

一度感覚を覚えたら忘れることはありません。
どんな幼少期で、どんな保護者との関係でも

一切関係なく覚えられるので、
安心してくださいね。

ストレスの応急処置

運転や水泳ができるようになるためにも
練習と時間が必要になるように

自分に優しくできるまで
少し時間がかかります。


それまで
イライラ、ムカムカ、グルグル
した時に使える


応急処置方法を
今日はお伝えします。

前置きが長くなってしまいましたが
ようやく本題です。


これは応急処置でありながら
自分を大切にする
スタートでありゴールでもある方法です。


イライラ、ムカムカ、グルグルは
どんな状態かと言うと
「意識が夫に向かっている状態」です。

それを
「自分自身に戻す」ための
方法です。


人は、
誰かに意識が囚われていると
心が疲弊していきますが

自分自身に集中すると
心は元気を取り戻していきます。

なので
夫ストレスの応急処置として
瞑想(マインドフルネス)をオススメしています。

マインドフルネスとは色々な方法がありますが

『今ココ』に意識を向け、
ありのままに受け入れること。

「無にならないといけない」
ということはことはありませんので
安心してくださいね。

私がオススメするのは
「ながら瞑想」で、夫に囚われた
あなたの意識を自分自身に戻すためのもの。

むずかしく考えずに
気軽に気持ちでトライしてみてください。

①キッチン瞑想
お皿をガチャン!と置きたくなった時は
キッチン瞑想がオススメです。

キッチンは五感を使う場所だから
ながら瞑想(マインドフルネス)にはピッタリ。

水の冷たさ、
蛇口から出る水が指を押す感覚、

食材の色や形、

炒める時の音、

コーヒーや、パンの焼ける香りなど

自分の五感に意識を向けます。

寝そべっている夫が目に入って
「イラッ!」と来ても大丈夫。

数分だけでも
自分の感覚に意識を向けられたら
大成功です。


②スキンケア瞑想

続いて、
朝晩のスキンケアも

自分に集中できる貴重な時間です。

頭の中で
夫の言動について思考してたら
とてももったいないです。

肌に集中することで
美しさもアップできますよ。

こんな感じです。

1)モコモコ泡を作る。
作る時も、泡が大きくなっていく感触に集中。

2)泡を顔に乗せる。
泡の優しい感触に意識を向ける。

3)ぬるま湯で洗い流す。
バシャバシャ!と水をかけずに、優しく顔を洗う。

4)化粧水や乳液などを塗る。
パチパチ!と叩いたりせず、そっとプレスするように。

上記の通りにやらないと!と言うことでなく
できる部分を丁寧にやってみてくださいね。



③白湯(さゆ)瞑想

イライラ、ムカムカ、グルグルしたら
ぜひ白湯を作ってみてください。

口に含んだお湯の温かさ、
喉を通る感覚、
体が温まる感覚に意識を向けます。

囚われた心を取り戻す

今日ご紹介した方法は、
夫に向かっている意識を

自分自身に向ける方法です。


自分の感覚を理解することって

「自分を大切にする」ことなんです。


すぐにはできなくても大丈夫。

1分でも2分でも、
自分だけの「感覚」に集中してみてください。

そこに「思考」は不要です。

ただただ自分を感じてあげてください。


今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました♡


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。