感情的になるには理由がある


ヒステリックに怒ったり、すぐにカッとしちゃう大人が
町にはたくさんいます。

何年か前までは、私もその1人でした。

「感情のコントロールは難しい」
「やろうとしてもできない!」
「コントロールする方法をいくら学んでもできない、、」と思っていました。

感情的になる人のことを
「感情がコントロールできていない」と言ったりしますが
本当はちょっと違うんです。


感情って実は、とっても素直さんで、
丁寧に扱ってあげたら、決して暴走なんてしないんです。

感情がコントロールできないのは、
無視しているからなんです。

感情そのものに意識を向ければ、
スッ〜と落ち着いてしてしまうものなのです。

感情には性質があります

感情は受け入れると鎮まり
感情を無視すると荒ぶります。

小さな子供が、泣いて周りにいる大人の意識を自分に向けるのと同じ。

自分自身が、自分の感情に気づくまで
「私はこう思っているよ!」「気付いて欲しいよ!」とSOSを出しているんです。

感情的になる人は苦しんでいる人です

感情的になってしまうのは、イコール、自分を無視しているから。

それはとても苦しい状況です。

誰だって、無視されたらツライですよね。

自分で自分を無視しているんだから、そりゃあ怒って当然です。

怒りが制御できない人の多くは、
子供の頃に自分を押さえつける習慣ができています。

自分が自分を押さえつけていることすら、気づかなくなっています。

感情セルフエステは、丁寧に優しく、本当の自分を癒していくメソッドです。

自分を自分で深く癒していく、その力を引き出してきます。


あなたが背負った荷物をおろすお手伝いがしたいです。

一緒に、あなたが自由に自分らしく生きるための扉を開けたら嬉しいです。

自分自身のSOSさえ、生きるために無視してきた人は、
「助けて」と誰かに言うことがとても怖いし、
そんなことをしようとも思えないと思います。

たとえ「助けて」と言えなくても大丈夫。

その3文字を言うことがどんなに大変かを知ってるから。

でもね、ここはボロボロのまま駆けこめる場所です。

気軽に連絡してくださいね♡

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。