夫にキレて、子どもに怒鳴る日々。

笑顔の人生を歩むつもりが、
どこでどう道を間違えてしまったのだろう。

来る日も来る日も、激怒。


でも、ぜったいに乗り越えたいと願って、

自己啓発の本、
スピリチャルの本を読みまくり


アンガーマネジメント、
インナーチャイルドなど

手当たり次第に、
とにかく学び、実践しました。

怒らない子育てのセミナーで
学んだりもしました。

今度こそ、解決の糸口を見つけられたかもしれない!

そう思っても、
あっけなく怒りのパワーに吹き飛ばされてしまう。

1コマ進んでは、ふりだし。

2コマ進んでは、ふりだし。

一体、何年を費やしただろう。


変わりたい、成長したい。
どれだけ願っても、

怒りから自由になれず、ブチ切れては、
懺悔し後悔をする。

その繰り返しでした。

うまくいかない原因が判明

例えばアドラー心理学は、
どういうライフスタイルを選ぶか、決定権は自分にあると言われます。

アンガーマネジメントでは、
深呼吸したり、6秒数えたり、そういう対処法を学びます。

心理療法では
「今ここに集中」するワークもありました。

アンガーログつけても、
感謝日記をつけても、
カウンセリング受けても、

何をしても怒りから抜け出すことができなかった。

「違う生き方を選びたい」と願って、
学んだことを意識して、実践して生活しても、
6秒数えようと思っていても

一瞬で怒りに乗っ取られて、
すべての努力が泡になってしまう。

一生懸命に自己啓発に取り組んでも、
すぐに怒りでいっぱいになってしまう。

いろいろやった結果、出てきた一つの答え。

それは、提唱されたメソッドを実践しても効果がないのは、

私には前段階のワークが必要だったのです。

放置してきた感情をどうにかしない限り
前には進めなかったのです。

ありのままを受け入れてもらえなかった、
愛を感じることができなかった子供のころ、

そんな過去の感情——悲しさ寂しさ切なさがある。

そして、なぜかつきまとう自分への違和感、
どこまでも追いかけてくる自己否定感が

いつも自分を振り出しに、引き戻していました。

でも、感情に目をむけて、ケアを実践したら

怒りに振り回される私の人生は、一変しました。

それが、感情エステです。

何年も無駄に費やしてしまったと思いましたが、
ここにたどり着くまでに、
それだけの年月が必要だったのだ実感しています。

その方法を、怒りに悩む方にお伝えするために、
このブログを作りました。


必要とする人に必要な情報を届けたい

感情エステは、
自分でできることを大切にしています。

カウンセラーを頼る、
クリニックを頼る、
薬に頼る
のではなく

自分が自分のカウンセラーになって、
感情を解放していく方法です。

自分自身のことだけれど、
第三者的な見方をして、
自分の心を、そして封印した記憶があれば、

その時の感情を認識していきます。

これは心理療法でいう
「自己承認」につながりますので、
自分で自分を受け止めることで心が回復していきます。

感情には、特徴があります。

ネガティブな感情は「感じることで存在が小さくなる」
ポジティブな感情は「感じることで存在が大きくなる」

という感情の特徴を利用して、
効果的に心の状態を改善していきます。

セッションやカウンセリングと呼ばない理由

自分にぴったりなカウンセラー、ヒーラー、
的確に癒しを与えてくれる「誰か」を待つのではなく

ここセキララ・サロンは、
自分で自分を癒すための実践をする場所です。

自分を癒すこととは、

言い換えると、
「自分を最大限に大切にしていくこと」です。

これまで、
小さな子供の頃から、大人になった今まで

我慢に我慢を重ねて、
がんばって生きてきた方たちが

ご自身を優しく癒していく時間です。

何より重視していることは「セルフケア」です。

心の底から自分を受け止めることができて、はじめて
人は誰かを無条件に愛することができるようになります。

そして喜びと自信で満たされて、
本来の輝きが光を放ちはじめます。

女性らしく美しく、自分を愛してキレイになる実践を、
私自身もっともっと積み重ねていきたいと思っています。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。