過去の感情のセルフケア その1

昨日は、
いまの感情のケアについてお伝えしました。

今日は、過去の感情のセルフケアについて
お伝えしたいと思います。

どんなに昔の出来事でも、

処理できていない感情があると
水中から空気がポコポコ湧いてくるみたいに

時々、意識の表面に上がってきて、
グルグルと同じことを考えたり、

または、即座にねじ伏せて
思い出さないようにしたりします。


私のケースをお話すると、

幼稚園くらいの時、

祖母としゃべると母から無視されていました。


無視というレベルではなく、
存在すらしてないように扱われました。

「ママ、、」と手を伸ばすと、
母は無表情で、私の手を払い除けました。

嫁姑がひどく、
私や妹が祖母と仲良くすることが許せなかったのです。

私を徹底的に無視している状態で、目の前で
妹だけを可愛がりました。


妹だけを可愛がる姿を、見せつけられるという、
とても悲しい罰を受けました。

妹が祖母と話した場合、
母は妹を無視して、私だけを可愛がります。

可愛がられることはとても嬉しかったけど

顔を真っ赤にして、
嗚咽を必死でこらえる妹を見ることが何よりも辛かった。


HSP気質があり、相手の感情に敏感な私は、
妹の悲しみが自分のことのように感じるのです。

そこで、私は、
わざと祖母と仲良くしました。

母が妹を無視しないように。。

私の中には、
無視された時の大きな悲しみと
自分だけ可愛がられる罪悪感と
自分を大切に扱ってもらえなかった深い傷

がありましたが、どこにも吐き出すことはできませんでした。

心の奥底に頑丈に鍵をかけて
自分でも気づかないように生きてきました。




過去との向き合い方について


過去の出来事をどう捉えるかは自分次第だ。

要は、乗り越えようとするかどうかだ。

など、

正論を頭で理解しても、
感情が未処理のままでは

前に進むことがとても難しいです。

過去の出来事ではなく、「当時の感情」をケアすることができて

はじめて、その出来事をどう捉えて

どうやって人生を前に進めるか

自分で決めることができるようになります。



セルフケアの方法はとてもシンプル


「今ここの感情のセルフケア」と同じで、

自分がかけてほしい言葉を
丁寧に心を込めて声をかけてあげてください。


あの日の、小さな自分に。

「悲しかったね」
「一人ぼっちで寂しかったね」
「もう大丈夫だよ」
「つらい想いさせてごめんね」
「あなたは本当に大切な人だよ」
「大好きだから抱っこしてもいい??」

など。


実際に自分をセルフハグすると
さらに効果がアップします。

さらに、ぬいぐるみを抱いたり、
ペットを撫でたりしながら

かけてほしかった言葉を
自分の心に向けて伝えるのもとても効果があります。

私は、このセルフケアを繰り返すことで、
無視されて悲しかった感情以外に、

封印されていた感情に出会いました。


次回は、心の中に厳重に隠されている感情の存在について、
お伝えしたいと思います。




Follow me!

過去の感情のセルフケア その1” に対して2件のコメントがあります。

  1. のりこ より:

    rionaさん、はじめまして。問い合わせはこちらで良かったでしょうか。私も夫と17年の生活の中で重要な部分だけ無視され続け、疎通の取れない夫に幾度となく怒る自分を恥ずかしく思い、でもどうにも出来なくて責めて来ました。6年前からキレるようになってしまいました。自分自身、幼少期からの苦しみを様々な治療を受けながら克服してきました。でも自身の結婚生活で自分の扱えない巨大な怒りに可能な限りの方法を試してそれでも変わらずに、、、途方にくれています。誰にも分ってもらえない、、カサンドラで検索してこちらに辿りつきました。まるで代弁してくれているかの様に感じて思わずコメントをしました。

    1. riona より:

      のりこさん、はじめまして。コメントありがとうございました。6年前からとのこと、途方にくれるお気持ち、痛いほど痛いほど分かります。私は年々、キレる頻度が高くなり、自分の人格が崩壊するような怖さを味わいました。そのような状況でしたが、感情のセルフケアとドレナージュで、怒りから解放されました。以前は、いろいろ試してはまたキレて、その繰り返しでした。いつまたキレてしまうか、自分のことが不安でした。でも、「もう大丈夫」と自信が持てるようになり、キレる状況に置かれても「ああ、ここでキレていたんだな」と冷静でいられるようになりました。のりこさんのお力になることができたら、こんなに嬉しいことはありません。こちらのブログで方法をご紹介していきますし、すぐに取り組みたいときはriona.cassandra@gmail.comにご連絡いただければ直接お伝えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。