怒りの応急処置、その2

怒りに向き合い、紆余曲折して10年。(生きずらさに悩んでから、約20年。)

怒りについて、
メカニズムや対処法、物事の捉え方など

理論で理解していも、怒りの前では無力な私でした。

怒った瞬間、
すべてが吹っ飛んで気づいたら激怒している。

どうして??

変わろうと思って頑張ってみるけど、結果はいつも

玉砕。

そして、また学んでトレーニングしては、また激怒。

後悔して自分を責めて、学んで、また怒って。その繰り返しでした。



なんで??

どんなに頑張って学んだ知識よりも、

たった一瞬の感情の方が、エネルギーが大きい。


為す術がなく、
この怒りを抱えて生きなくてはいけないのでしょうか??

自分の感情を味わう方法について

先日、「感情が抑えられない時の応急処置」として
感情を味わうことをお伝えしました。

でも、それでも
感情の暴走が止まらない時があります。

今日は、もう一つの方法についてお伝えしたいと思います。

相手に向かうエネルギーを自分に向ける

嬉しいことされて、激怒し続ける人はいません。

以前のブログでも書きましたが、
怒りとは、第二次感情で、怒る前には「元となる第一感情」があります

例えば、帰りが遅くなった子供を怒鳴りつける理由は
「なにかあったかもしれない・・」とずっと心配していたからです。

第一感情とは、不安・不快・不愉快・危険など、
いわゆるネガティブな感情です。

それらの感情を抱くきっかけは、他者からの影響です。


不安な思いをさせた相手に対して怒る。

理不尽なことを言う相手に対して怒る。

など。


意識が「他者」に対して向かっています。

言い方が適切ではないかもしれませんが、

怒っている状態とは、

言わば「相手にダメ出し」している状態です。

大体怒りは、グルグル同じことが堂々巡りします。

グルグルをアウトプットして
怒りを相手にぶつけても、いい結果にはなりません。

そこで、「自分にイイ(良い)出し」をします。

イイ出し、言うだけなら簡単ですね。

でも簡単だけど、怒った時に思い出せるようになることが重要。

だから、普段から


昨日ストレッチした、イイ!エライ!
さっき、家族のお皿を洗った、イイ!!スゴイ!!

お昼ご飯を食べた!イイ!

なんでもいいです。
ちょっと大袈裟くらいに、日常的に自分にイイ出しすることをお勧めします。

そしたら、怒った時に、イイ出しの存在を思い出せるようになってきます。

いま私、気持ちを切り替えようとしている、イイ!スゴイ!
イイ出しした!!イイ!!かなりイイ!

頭の中を、自分へのイイ出しでグルグルさせるイメージです。

「今ここ」に集中すると言う方法も

セラピーなどでは、
怒った時に「今ここ」に集中する方法を推奨されるようです。


電信柱にカラスがいる。手先が少し冷えてる。白いカーテンが見える。

などなど。


その場にあるもの・出来事など意識を集中するものです。

私の場合は、
今ここにあるモノ・コトに意識を集中しても

それをやめた途端、
怒りが再燃してしまいました。

そこで開発したのが、
「相手へのダメ出し」 から 「自分へのヨイ出し」へ変換する方法です。

怒っている相手への「イイ(良い)出し」ができればベストでしょうが、
私には修行が足りていませんでした。

あんなコトを言って、こんなコトをやっている相手の良い所を探すなんて
考えてただけでもムリ。器が小さいです。苦笑

今ここの怒りを鎮める

褒められて怒り続けられる人は、ほとんどいないと思います。
脳は、ほめらたら喜びます。

なので、脳の特性を利用して
自分をいい気分にさせる方法です。

自分に向けられた発言か、
他者に向けられた発言したか、脳は区別がつきません。

これを知った時、私は驚きました。

また自分が言っていることなのか、自分が考えたことなのかも
脳は区別がつかないようです。

だから、イイね!すごいね!!を脳内に連発すると
なんだかご機嫌な気分になってきます。

イイね!を連発して大暴れする怒りがおさまったら、

あらためて、「ああ悲しかったな」「恥ずかしかったな」など
怒りのきっかけになった第一感情を味わってあげると
ココロが凪の状態に近づいていきます。

検索してここに来てくださった方は、大前進しています。
大きな大きな「イイぃぃ!」をご自身に出せば、さらに大きな一歩になります。

実際に行動するか、しないか、その差は天と地ほど違います。

私たち人間は
「まだ大丈夫」「このくらい平気」と自分の問題を小さく見積もりがちです。

自分自身を見て見ぬふりする人が多い中、

検索する実行力がスゴイです!

怒りに向き合おうとする、その勇気がスゴイです!

逃げないって、ものすごいことです!

ご自身にたくさんイイねを出してください。

私ももれなく当てはまりますが、
怒りが暴走しがちな人は、いつもいつも自分を責めています。

四六時中、ダメ出しが基本です。
厄介なことに、自分を責めている実感もありません。
それだけ、痛みが麻痺してしまうほど自分をいじめ続けています。
(自分をいじめるメカニズムについては、またの機会にお伝えします)

まずは小さなこと、当たり前のことにイイ出しできるようになると

一気に、イイと思う感覚が掴めてきます。

これをやっているうちに、自分以外の人に対しても
イイ出しするココロの筋力がついてきます。

怒りから自由になって、安心して生きていけるように
きっかけになる情報をたくさんお届けしたいと思っています。

励みになるので、ご意見、コメントをいただけたら嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。