笑顔で感謝の人生のはずが、20年以上の遠回り

ご訪問くださり、ありがとうございます。


ここに来てくださった方は、
何度も「もう限界」と感じながら
それでも
無理を重ねてがんばってると思います。

夫や子供に、
キレてしまう自分を責めていたり、

何をする気力も失せてふさぎ込んだり、

涙が止まらなかったり、


毎日が苦しい
そんな想いを抱えていらっしゃると思います。

そして、
苦しい気持ち以上に

「今の状況を好転させたい」
「幸せになりたい」
「成長したい」
とお考えの方だと思います。


そう願う方は、
ぜったいに現状を乗り越えられる。

断言します。

なぜ断言できるのかというと、

私にはアダルトチルドレン、HSP
カサンドラ症候群、摂食障害がありました。


救急車と警察が来た壮絶な夫婦喧嘩をし、
夫デスノートを日々書き殴っていた私が

毎日やりたいことをやって
夫に心から感謝して
笑顔で過ごしているからです。

コントロールできずに苦しんだ
怒りを思い出すことさえ
むずかしいくらいになれたからです。

20歳で摂食障害を発症して以来
いろんな事をごまかして
無理をし続けてました。
結婚してカサンドラ症候群で、どん底に。

合計するとその期間は20年以上。。

生きずらさを
どうにかしたいと願い、

7年以上も
心理学、脳科学、スピリチュアル、
栄養学、哲学など

数百冊の本を読み、
カウンセリング、コーチングを受けても、

出口のないトンネルの中を
ずっとさまよっていました。

何を学んでも、
何を実践しても
結局前に進めなかった私でしたが

自己理解に注目したところ
一気に問題が解決していきました。

これまで学んできた
点と点が一直線につながって
解決に向かっていきました。

トータル20年以上苦しんだ
結論として、

結論は、
人生を前に進めるかどうかは

その「やり方の知識」を
知っているか、知らないか。

生まれた時の環境でも、
親の育て方でも
恋愛のトラウマでもなく

自分に何が起きているかを知り、
それを改善・解消する方法を知る。

知っているか
知らないか、

それに尽きる
ということが分かりました。



自分が「何に気付いていない」から、
この状況に陥ってるのかが分かり
最短最速で理想的な状態に来られました。

人間的に優れた両親に
愛されて尊重された人でしか
輝く人生と幸せは手にすることはできない。

そんなふうに感じていたこともあります。

でも、違いました。

自分の内部で「何が起こっているか」
知ろうとしていないだけだったのです。

知る術がなかったのです。

人生がうまくいき、
愛し愛されている人は
自分の内面を知っているし、
自然に内面をしっかり整えている。

知らないことが分かったら
そのやり方を習得すればいいだけ。

そのやり方は誰にでもできる。

知っているか、知らないかで人生が激変

なぜ、わたしは
こんなに毎日苦しいのか。

こんなにいろいろ試しているのに
何ひとつうまくいかないのは
なぜ??

夫の全てが嫌いで、
どうしたらいいのか。

今すぐ離婚はできないし、、

離婚する日までこんな苦痛を抱えるのか。。


アドラー心理学では
「課題の分離」と言われるけど
分けて考えても何も変化がない。

アンガーマネージメントで
6秒数えようといくらがんばっても
気付いたら、キレた後。

自分をコントロールしようと
いくらやっても、
何を試しても

イライラするし
悲しくなる。

飲みすぎたり
食べすぎたりしていました。


そんなある日、
苦しみながら
問題解決にもがく中で、
あることに気がつきました。

それは、
本やテキストに書いてある
症状を解決する状態より

「前の段階」が必要だということ。

わたしはその前段が
抜けているから

何を試しても前に進めなくて
一段抜けた穴に落ちている
ということに
気がつきました。

マズロー心理学を
例にお伝えしますと、


マズロー心理学で人間の欲求は
「5段階のピラミッド」のように
構成されているという法則があります。

ーーー
「生理的欲求」
「安全の欲求」
「社会的欲求(所属と愛の欲求)」
「承認欲求」
「自己実現の欲求」
ーーー

人間として
最低限の生命維持するための
「生理的欲求」から

自分らしく生きていく
「自己実現の欲求」まで

5つの段階があります。


自分で実験していく中で、
判明したのは、

私は自分の内部で起きていることを
実は全然知らなかった!

ということでした。

アドラー心理学も、
アンガーマネジメントも
「前段階」を加えることで
実践していくことができるようになりました。

前段が無い状態で、
次になにかを積み上げても、
すぐに崩れさってしまいますね。

それを知らずに、
積み上げては崩れ、積み上げては崩れる。

「何をやっても、うまくいかない」
「自分はなんてダメな人間なのか、、」と

がんばればがんばるほど、挫折を味わい
より一層、精神的にさらに追い詰められる。

と言う悪循環に陥っている、
という事実が分かりました。

また一方で、
「自分への意識の向け方一つ」で、
自分の言動が全く違ってくるし、

摂食障害やHSP、夫婦問題など
自分が抱える問題の
本質が何か、ということも見えてきました。

その症状は、自分からのSOS

これまでのクライアントさんには

馬乗りになって旦那さんを殴ってしまう方、
子供に対する暴言を止められない方、
生きている意味が分からなくなる方、
何時間も食べ続けてしまう方などが
いらっしゃいました。

暴力や暴言がいけないことだと
十分に分かっているのに
止めることができないんです。

これ以上食べたら体に悪いと
十分に分かっているのに
止めることができないんです。

そして、またやってしまったと
深く深く反省して、自分を責め抜いて
また同じことを繰り返してしまうんです。

ネットで検索すると
暴力や暴言を受ける側の情報はたくさんあります。

でも、暴力や暴言を止めたい人の情報は
どこにもありませんでした。

暴言・暴力で
他人を傷つける人も


摂食障害などで
自分を傷つける人も

他責も自責も、
根本の原理は同じです。

自己理解を深めた時に、
これらが自分からのSOSであることが
分かりました。

SOSを発している
「根本の問題」にアプローチすれば
キレたり過食したりする「症状」が不要になります。



わたしは、
摂食障害が一番ひどかった時、

医師に
「自律神経失調症」と診断され


仕事を休職するよう勧められ
診断書を会社に提出して、
数ヶ月療養していたことがあります。


会社に復帰してからも、
定期的に過食・拒食の症状に襲われて
その後10年以上も苦しみました。


診断名され薬を処方されて
表面的に症状を抑えることができても

摂食障害の根っこを
治すことはできませんでした。


また、
「カサンドラ症候群かも」と
カウンセラーに指摘されたので
医師に診断された訳ではありません。

診断名があるから
助けてもらえて、

診断されていないなら
自力でなんとかするしかない

そんな風潮にNOと言いたいと思います。


表面的な処置だけで
根本に目を向けない「治療」にNOと言いたい。

(もちろん重度の精神症状があるなど
医療が必要になるケースはあります。)


カサンドラ症候群では、
身近な親や友達にその辛さを
分かってもらえない上に

「わがまま」のレッテルを貼られて
正論や一般論で諭されてしまいます。

ヒステリックに怒鳴り、
相手を殴ってしまったと告白すれば、

正論で諭されたり、
悪妻のレッテルを貼られてしまうと思います。


殴ったり怒鳴ったりしてはいけない。


痛いほど分かっているのに、
それを自分で止められない。


どこに相談すればいいのかも分からない。


だから誰にも言えずに
たった1人で悩んで症状を悪化させることになる。


だから、わたしは
診断名があってもなくても
「あなたの心が晴れているかどうか」を
大切にする場所を作りたいと思いました。


薬でもどうにもならない症状に
寄りそう場所を作りたいと思いました。


親しい人にさえ分かってもらえない
誰にも支えてもらえないことで苦しむ
その辛さが良くわかるからこそ

誰がなんて言っても
あなたがツライという想いを大切にケアする
そんな場所を作りたいと思いました。



わたしの場合は
最終的に一番苦しかったのは
カサンドラ症候群の症状でした。


「事故に遭ってほしい!!」と、
未亡人になることを
心底と願ったこともあります。

嫌いで、憎んで、恨んで

本気で殺意を抱いた
そんな夫に対して、

いまは
喜ばせてあげよう♡と思えます。


この心の軽やかさは、なに?!

え、わたし幸せかも!?

そんな変化に自分でも驚きました。


次にキレたら、
夫を刺してしまうかもしれない。

自分が恐ろしかった。
そんな私が、真逆の場所に来れた。


過食症もあった私は、
いつ過食するか分からない自分が
爆弾を抱えているように感じていました。

でも今は食べることも怖くないし、
制御不能な自分を怖がることも
一切ありません。

たくさん食べても自分を責めることがなく
食べることを心から楽しんで
食べることに感謝を感じて

繊細すぎて
世界中のあらゆることに傷ついてた私が

自分の軸を作り、
自分の人生を心から愛せるようになれました。

効率良く改善できる

再生へのはじまりは、
自分自身を深く理解したことでした。

幸せに生きたいのに、
笑顔で感謝の人生歩みたいのに


現実は真逆の世界。

眉間に深いシワを刻んでる。

笑顔で暮らせるには
どうしたら良いのか
分からなかった。

家庭はまるで地獄か、戦場。

意志の疎通ができない夫に対して
本物の殺意を覚えたこと。

夫は、友達が1人もおらず
「友達はいらない」
「人間には興味がない」
「話を聞く気はない 」と言う。

そんな夫に対して

夫が変わるべき、夫が悪い、夫がおかしい、
私は絶対に間違っていない。

そう思っていましたが、

問題の所在は、
夫ではありませんでした。

では問題がどこにあったか。

その結論は、
自分の心の奥深く。

子どもの頃からため込んできた感情と、
それに伴う思考のクセが原因でした。

それが夫という縁に触れて、
反応していたのです。

いま夫ストレスは解消しましたが、
当時問題だと思っていた
夫の性格や習性は、変わっていません。

夫は相変わらずですが、
そこに
いきり立つ私がいなくなりました。

鬼の形相の私の代わりに、

笑顔で夫をスルーする私がいます。

と言うと、ただ割り切っただけに
聞こえるかもしれませんが、

そうではなく、
互いの良さを尊重できるようになり

夫に左右されずに
本当の意味で、
自分の人生を生きられるようになった私がいました。

道しるべとなる旗振りがしたい!


先ほどもお伝えした通り、
わたしは、
HSP、カサンドラ症候群、アダルトチルドレン、摂食障害があり
ずっと苦しんで生きてきました。

毎日が苦しくて、
真っ暗闇を彷徨っている状態でした。

そして、どうしたら、そこから脱出できるのか、
分かりませんでした。

どうにかしたくて、
数百冊の本を読み、
カウンセリングを受け、
セミナーに行きました。

でも、抜け出すことはできませんでした。

眉間にしわ寄せる日々か、
笑顔で輝く日々か、

どちらの道を行きたいか、
それはみんな分かっています。

誰だって、笑顔で自分らしく
輝いて生きていきたいです。

問題は、

今いる暗闇の迷路を抜けるには?
どうしたらいいかが分からない。

どうやったら輝く自分で生きる
人生に入っていけるのか分からない。

ということです。

当時わたしが知りたかったのは、
「苦しい現実から、理想の自分への道順」でした。

どう歩いても振り出しに戻り、
進む方向さえも分からなくて、
何年も何年も、
さまよってもがいていました。


もがいても泥沼に沈んでいくような苦しさを、
いやというほど味わいました。

だからこそ、
「こちら側」から「向こう側」に行くためには
正しいステップがあり、
その知識を身につけることで
効率よく進むことができると分かりました。

だから、迷子になって
どこにいるかも分からなくなってしまって
苦しんでいる人に


「こっちだよ!」と伝えたいと思っています。

自己理解について

いろいろ学んで
「なるほど!」
「これで苦悩を抜けられる!」
という光を見つけては

やっぱり道が閉ざされて
同じ道を何度も通り、
振り出しに戻る。

そんな毎日を抜けられたのは、
自己理解を深めたことがことがきっかけでした。

自分の感情と思考に何が起こっているかを
正確に把握したことでした。

感情を押さえ込む唯一の方法は
「我慢」することです。

でも、感情の性質として
抑え込んでも無くなる訳ではないのです。

気づかなくても
自分の内側には抑え込んできた
感情が山のように溜まっているのです。

思考は子供の頃から、
その都度、うまくいった方法などをもとに
思考回路が形作られています。

いわば、子供の頃からの
その場しのぎ的な感情と思考に
現在を支配されているんです。

そこに無理が生じています。

そこで感情の解消と、
思考の整理が必要になります。

これを効果的に行うのが、自己理解です。

解消していない感情は、心の老廃物になる

血流が滞って肩こりや腰痛があると、
日常生活がツラく感じるのと同じで、
ココロに老廃物がたまると、
普通の毎日がくるしくてたまらなくなってしまいます。


たまった老廃物の正体とは
解消されなかった感情。


もっと言うと、
ガマンして心の奥に押し込んだ、
本音です。


ガマンして、ガマンして、
なかったことになっている感情。


たとえ、
自分自身がガマンしたことさえ忘れたとしても、
感情は消えてなくなることはありません。


封印された感情は、
いつくもの層になって堆積しています。


子供の頃からのガマン、
一つ一つを自分では覚えていなくても、
感情は消えてなくってはいません。

もし、感情が目に見たらとしたら
処理されなかったものすごい量が
山のようになっていることでしょう。

なぜ自分がコントロールできないのか
長年悩んでいましたが、

実は
「コントロールできる状態ではなかった」のです。

大量の荷物を背負って
押しつぶされている人に向かって
「はやく来て!走るよ!」と
言っても走れませんよね。

まずは大量の荷物を下ろすことが先。

大きな荷物があったら
動くどころか、立ち上がれません。

だから、まずは
澱(おり)みたいに心に沈殿している、
放置された感情を
解消していくことが大切です。

蓄積していた感情が解消されると、
人生は勝手に前進し始めます。

自分を知る「アハ体験」

自己理解が深まると、
いろいろな謎が解けて、

なるほど!だから私はこうだったんだ!!
日々「アハ体験」できます。

薬やカウンセラーにたよったり
どこかにいる自分を救ってくれる人を探したり
自分以外の外側の力に頼るのではなく、

自分でケアしていくことが重要です。

自己理解とは、本当の意味で
自分が自分とコミュニケーションすること。

深く自分を理解すると、
恨みや憎しみといった重たいものが解消されて
心が軽やかで、ほほ笑んでいられるようになります。

人生がシンプルになります。

殺意を覚えた夫に対しては

夫のおかげで
本当の自分に出会えたと

心から感謝しています。

自分を生きることが
本当に楽しくて嬉しくて
何よりも心が軽やかです。

無料メルマガでその方法を公開しています。

「自分で改善する」という理念で、メルマガを限定公開中

自己理解を深めたら、
居心地の良い家庭と
良好な夫婦関係と親子関係ができました。

「誰だってどうせこんなもの」と
自分の人生を
諦めなくて良かったと思います。


ちょっとだけ自分の背中を押して、
1歩だけ踏み出してみてください。


きっと、もっと輝いたステキな自分に出会えるはずです。

「もっと具体的に自己理解について知りたい!」という方が何人かいたので
メールを使ったオンライン講座を作りました。

無料なのであなたも、ぜひ登録してみて下さい。

メールマガジン限定のイベント企画を開いたり、
自己理解について1から学べるようにしてます。

だから
「笑顔でいたい!」とか、
「とにかく現状を抜け出したい!」という方は
ぜひ読んでみて下さい。

メルマガはブログよりも、1対1の濃い関係になるので
生々しい体験談をお話したり、
質問お答えできることが強みだとと思っています。

メールアドレスを入力すれば、
お持ちのスマホやパソコンからすぐに読めます。

お申し込みは、下記にアドレスを入力して
申し込みボタンを押すだけです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



【リオナの自己理解メソッド】無料メルマガ

MENU